top of page

突破力を作る

皆さんこんにちは!

昨日はやたらと寒かった。。。寒いと思っていると雪がパラパラと降ってきた。。。そりゃさみーやって。

今日は暖かかったです。


さて、先日の練習にはプロMMAの選手も参加し、12月よりチャレンジさせているコンビネーションを先日も練習しました!うちの空手キッズたちにとっても、大会での反省点ともリンクするのでちょうど良い!


MMAという競技の話をちょっとだけすると、タックルや寝技そして、くっついてからの攻防があるため、ボクシングやキックボクシングと比べるとすこし間合いが遠くなる傾向にあります。そのため、絶妙に足を使い間合いの駆け引きやカウンター、飛び込む攻撃という空手の技術がとても有効なのです。

※その中でも私の体の使い方はMMAに適してるんじゃあないかなと😁


そこで、MMA選手としては飛び込む練習の一環として、当該練習に参加してもらいました!

とにかく最初の体重移動は上半身と後ろ足をタイミング良く使うこと。そこから前足で加速させコンビネーションで追いこむ、次の動きに繋げたりフィニッシュさせる練習を、何度も何度も反復練習してもらいました😏

ONEの手塚選手は中3の大夢と組み、高校生MMA選手のいくやはタッパのあるイブキが組んで練習したのですが、大夢は手塚選手のあまりの圧力と突きの重さに「いてー、やべー」とギャーギャー喚いていました。。。💦


空手の動きは他の競技や格闘技にはない特殊な動きのため、他の格闘技をかじっていると、その知識や癖が邪魔をし中々習得は難しいのです。いや、まじで修正が大変なんですよ。。。

ですが、最近ようやくしっくり来てきたのか、MMAスパーリングでも出せるようになってきたと有効性が理解できたと言ってくれたのでホッとしています!


他の競技にはないということは、相手としては反応及び対応するための情報がなく、上手く空手技術をMMAにアジャストできればかなり優位に立てるということです。タックルにも応用効くし、カウンターも上手なるし。

良いこと尽くしと確信しています!


弘仁会で身につけた技術を有効活用し、世界で活躍してほしいなと強く思っています!!

空手選手もMMA選手もチャンプ目指して頑張れ🔥🔥



bottom of page